読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

愚痴めっちゃ多い

断片

 このブログではできるだけ心のブレーキを取っ払って文章を書くようにしています。他のところ*1ではいろいろセーブしながら穏当なことを書いているのですが*2、こちらではあまりセーブせずに思ったままをだだっと書いています。それがこのブログの存在意義でもあります*3。でとくに何もセーブせずにいろいろ書いてみたのですが、びっくりするくらい愚痴が多いです。これはよくありません。それは自分が本当は愚痴ばかりを感じている人間であるということだからです*4。ぼくは愚痴を聞くことは嫌いではありませんが愚痴を言うことは好きではないので複雑な気分です。このブログは自分の思っていることを正直に書くために作ったので、自分が愚痴のようなことを思っているならば、自分の感じた愚痴をそのまま書かねばなりません。他人とのコミュニケーションをとる上で愚痴を吐くことを僕は自分にあまり許容したくないのでしませんが、このブログにおいてのみその制限は撤廃されます*5。愚痴を言うのが嫌なのであれば、愚痴を感じないような自分になるしかありません。愚痴を言わないという選択肢は、このブログには存在しません。それは自分を偽る行為だからです。自分が愚痴を感じているならば愚痴を書かねばなりません。

 

 

 

 

*1:ついったーとか

*2:あれで穏当?

*3:チラシの裏ということです。ただし誰にも読まれない文章を書いていられるほどぼくはストイックではないですし、そこまで文章を書くことが好きなわけでもないので、とりあえず文章を書くことに対するモチベーションを上げるためにアップするようにしています。なぜ文章を書かないといけないのかは過去数回くらいのエントリで書きました(丸投げ)

*4:あるいは無意識の内に愚痴ばかりを選択的に言語化しているのかもしれませんが。バイアス!

*5:ついったーでゆってるつらいつらいいたいとかは愚痴かもしれませんがブログに書いているような本格的な愚痴はあまり言わないようにしています。このブログは吐き出すため、排泄するためにあります。ゲロ袋であり便器です。こういう表現は嫌われるのでやめましょう

自分のことばと他人のことばの境界線なんて本当は引くことはできないのだとは思うのだけれど、それでも

断片

 どこからどこまでが自分の考えたことであるのかがわかりません。自分が考えたと思っていることが、実は誰かの受け売りにすぎなかったりするかもしれません。作曲をしているときに、過去に聞いたことのある曲を、無意識のうちにコピーしてしまうように、過去に読んだことのある本や聞いたことのある言葉を、無意識のうちになぞっている可能性があります*1。それは果たして本当に「考えている」と言えるのでしょうか。*2

*1:当然この文章についても例外ではありません

*2:ある部分では考えているといえるかもしれませんが、ある部分では間違いなく考えていないでしょう

誠実さにこだわる理由

断片

 なぜぼくが誠実さにこだわるのかというと、ぼくは誠実ではないからです。誠実でいられない自分が嫌だからです。しかし誠実であることはとても難しいし、誠実でありつづけることはもっと難しいです。それはとてもしんどいことです。ぼくはしんどいことは苦手なので誠実であることは苦手です。ですが誠実でなければ自分をスポイルしてしまうという直感があります。もう自分のことなんてどうでもいいやという気分もあるにはあるのですが、それでももうちょっとがんばりたい、という気分もあります。誠実であろうとした美しい人々に感化されているだけなのかもしれません。しかしそのようにありたいと一瞬でも願った自分が存在したことも事実です。

上司の愚痴です

雑記

 嫌な人の嫌な記憶というのは無色透明だったはずの現在を侵食します。嫌ではないはずだった現在が嫌な現在になってしまうのです。だから嫌な人のことは早く忘れた方が得です。しかし嫌な記憶を忘れることは難しいです。それは強く心に残るからです。嫌な人から嫌な言動を受けることそれ自体はよい、しかしその後長期に渡って僕を苦しめ続ける記憶を植え付けられることは我慢なりません。

 

 まあ嫌な人というのは上司のことなんですが。本当に腹立たしいのです。もちろんぼくはうんこ人間ですし人生6割くらい投げている扱いに困る人間ですしあほですしばかではありますがそれでもせめて、いやだからこそ、新人として働いている間くらいは、素直に言うことを聞いてがんばろうという気持ちがあるのです。にもかかわらずぼくが上司氏に対して「うるせえ死ね」という態度をとるのは、上司氏がとても尊敬に値するような人物ではないからです。上司氏は間違っており、その上司氏に迎合することは誠実さを殺すことであり、それは僕がしてはならないことだからです。

 なぜ常に愚痴を言っているのか。なぜ電話が鳴るとこれ見よがしにため息をつくのか。なぜはばかることなく「めんどくせー」と叫ぶのか。なぜ少し仕事が立て込むと相談に来た人を追い返すのか。なぜ仕事を部下に押し付け自分はさっさと帰るのか。気分が良いときは陰口でコミュニケーションを取ろうとするのか。会社はどうしてこんな人をのさばらせている。ふざけるな。

 うちの会社では朝礼で社訓などを読まされたりする。あほらしいけどまあそれはいい。仕事の大部分は茶番なので仕事をする上で茶番を演じられるということは大切なことです。それらの内の一つに、相談したら中間報告をしよう、という内容の文章がある。ぼくがミスをしたとき、上司氏はこのことを引き合いに出す。つまり「なぜ中間報告をしなかったのか。毎朝『中間報告をしよう』と言っているじゃないか。あれはただのお題目じゃないんだぞ」ということである。たしかにこれだけを切り取れば正論です。しかし同時に、「相手が忙しそうでも報連相しよう」という内容のものもある。朝読む文章を引き合いに出すのならば、あなたの方こそ、忙しいということを理由にして「後にして」「今話しかけないで」と無下に断ってはいけない。それは自分の都合のよい部分だけを切り取って、自分に都合のよい結論を恣意的に導いていることになるからだ。それは論理にすらなっていない。なぜなら、あなたの論理は、朝読む文章通りに仕事をしなくてはならない、という、あなたが掲げた公理に反しているからだ。矛盾している。破綻した論理に基づく主張は少なくとも命題ではない。

 

 論理的思考というのは関数です。値と条件をつっこむと、ある一定の手続きに従って、結論が出てきます。それはあくまで決まった手続きでなくてはならず、またその手続きに従えば、同一条件下では必ず同一の結果が出てこねばなりません。それが論理の定義だからです。

 ところでここで一つ問題が浮上します。すなわち、論理的に考えるということは、単なる手続きにしたがって結論を導いているだけであって、本当に「考えている」と言えるのか、ということです。

 まあそもそも「考える」ということがどういうことなのかよくわかってないのでぼくもよくわからないんですけれども、とりあえず出した一つの解はあります。それは、自分が採用した値と公理は公平であるのかを疑うべきである、ということです。値とは認識によって得られる世界のあり方です。公理とは「世界はこのようにできている」という自身の世界観です。人間である以上、世界を本当に客観視することはできません。ですので、考える上で本当の値、本当の公理を採用することは不可能です。それができる存在のことは神っていうと思います。人間は神ではないので、できることと言えば、自分が思考する上で採用した値と公理を可能な限り「公平に」選択することができたかを自問することくらいなんです。それが誠実であるということです。自分の慣れ親しんだ思考に流されず、「自分は本当に正しいのか」と疑い続けることが、考える、ということなのではないでしょうか。それをせずに、自分にとって慣れ親しんだ値と公理に基いて行う思考というのは、ほとんど頭を使わずにできまして、自分が行う作業としてはほとんど論理的な手続きしかないんです。それは少なくとも僕にとっては「考えている」とは言えません。

 とまあこういう感じです。論理とは手続きなのでここを変更することは許されませんので、だったら論理的思考に突入する前段階、値と公理を決定する段階にメスを入れる他ないよね、というところから決め打ちしました。そんでぼくがこれをできているのかというと、あまりできていません。だってめんどくさいです、自分を常に疑い続けるなんて……でもできるだけ誠実でありたいとは思っています。少なくとも自分の個人的な世界認識に基いて他人を断罪するような行為はあまりしないようにしています。さっきやったけどな!!!!!

 いちおう理由はあるのです。それは、このブログは、自分が何を考えているのか、世界をどのように認識しているのかを知るために続けている、というところにあります。ぼくは考えたことをすぐに忘れてしまいます。それどころか、自分がどのように感じながら生きているのかすらよくわからないのです。自分がどのように世界を認識しているのかがわからないのです。そんな状態ではまともに「考える」ことなど不可能です。論理という関数に突っ込む値が存在しないからです。自分がどのような公理を採用しているのかわからないからです。これらを克服するための一つの方策として言語化という手段を取っているのです。先に書きなぐったのは、自分が仕事や上司に対してどのように感じているのかを明確にする行為であり、それはぼくがまともに考えるために必要なことです。僕に責められる部分があるとすれば、それを他人の目に触れられる状態にした、というところです。それは陰口だからです。「あいつは陰口を言う」という陰口をたたいているわけです。ブーメランとは僕にとっては許しがたいことの一つではあるのですが、上司氏は本当に腹立たしいですし、このまま溜め込んでいると頭がどうにかなってしまいそうなので、アップします。というか本人が隣にいる状態で悪口を言う上司ってどうなんですか。思いっきり聞こえてるんですけど。上司としては当然、人間としてのあり方がもう間違っているような気がするんですけど。ああもう本当に腹が立つ。しかしそんな風に上司の口から自分の悪口が言われてるのを聞くことは、まことに腹立たしいことではありますが、ショックでした。ここをごまかすと今まで書いた文章がすべて嘘になってしまいますので正直に書きます。それは僕が上司氏に対して「うるせえ死ね」という態度を取った以上引き受けなくてはならないことだったのです。ここでショックを受けることは本来許されることではないです。そんなことは「うるせえ死ね」という態度を取った時点で覚悟しておかねばならなかったことです。今更ショックを受けるということはその覚悟が本当にはできていなかったということにほかなりません。たとえそれが人間として褒められたものではない行為に基づくものだったとしても。

 

ロジカルキッズワーク 基礎編 (一生使える論理的思考力が身につく!)

ロジカルキッズワーク 基礎編 (一生使える論理的思考力が身につく!)

 

 

それは卑怯だ

断片

「自分のしていることはわかっている」というエクスキューズしてれば放言もゆるされると思ってたら大間違いですよ

なんかむかついたので無関係なところであげ足取りする(八つ当たりともいう)

雑記 言及

 下の方に書いた理由によって「利用可能性バイアス」について調べてみました。wikipediaせんせいはなにゆってるのかよくわからなかったので、他の一般向けにやさしく解説してくださっているところを流し読みしました。

 

第45回 人間行動の直観的判断の不可解さと面白さについて(1)-「利用可能性」ヒューリスティックの影響- | 行動観察研究所ブログ | 行動観察研究所

 

 検索結果から適当にピックアップしました。とりあえず利用可能性バイアスとはどういうものなのかはなんとなくわかったような気になれました。たのしかったです。ただ、本質的じゃあない揚げ足取りのような話になるんですけど、この記事にはちょっとまってよとゆいたくなるところがいくつかありました。たとえば、

 

飛行機が事故を起こす頻度は、世界中で1年にごく僅かの回数である。それに引き替え、電車やバスが事故を起こす頻度は、世界中でカウントすれば、相当な回数になる。事実に即して考えれば、事故にあうリスクは電車やバスの方がよほど高いのに、そんな事実には注意が向きにくいのである。

 

 という部分。

 言いたいことはわかりますが、事故に遭うリスクは確率で捉えるべきであって、事故の回数で考えるべきではないでしょう。確率ではなく頻度で判断するという発想には、確率に関する別のバイアスがかかっているんではないか。

 

 他にも、

 

情報が具体的で直接的であることも「利用可能性のヒューリスティック」による判断の歪み(バイアス)を助長することになる。たとえば、仲の良い友人からの口コミ情報は、客観的に考えれば、単なるひとつの情報でしかないのだが、新聞や雑誌に掲載されている情報よりも、判断をするときに重視する度合いが大きくなってしまう。誰が書いたかわからない情報よりも、身近な人がもたらす情報の方に、我々の判断はついつい引っ張られてしまうのである。他にも様々な情報があるのかもしれないのに、我々は自分の記憶に残っていることだけが事実だと思い込み、それにたよって判断しやすい傾向をもっていることも、口コミ情報の影響力の強さを生み出す一因となっている。

 

 引用なげえよ読む気しねえよ。でも分割していい感じに書くのがだるだるなのでこのまま書きます。

 ようするに、人間には、誰がゆったかわからん情報よりも、知人友人のもたらした情報を重視する傾向があるよ、という話です。この結論はどうやって得られたのかが気になっています。

 どういうことかというと、引用部分の最後に口コミの影響力についての言及があるように、この結論は、口コミ的な情報の影響力を説明するための一つの仮説にすぎないのではないかと思います。「友達が勧めてたから買う」という行動の理由付には他にもいろいろ考えられるはずです。たとえば、友達が勧めてくれたものを買ってコミュニケーションの材料にする、などです。また、とくにネットがばんばん使えるような環境では、自分にとっての優秀なキュレーターを介して情報をフィルタリングしている場合も多いでしょう。人間の行動はいろいろな要素が絡み合って選択されています。それを利用可能性バイアスという単体の理由で説明するならば、「友達が勧めてたから買う」という行動選択の理由の占める利用可能性バイアスの割合は、その他の理由を円グラフの「その他」に追いやれる程度には大きくあらねばなりません。そうでないと説明としてアンフェアです。牽強付会ともいいます。

 これは入門記事なので余計な部分は書かないでいるだけかもしれません。余計な情報は書かないというのはわかりやすさを実現するための手法として基本的で大切です。気になるんならてめえで勉強しろという話です。

 

 

 なんでぼくが利用可能性バイアスについて調べたかというと、

 

人間は他人の能力をどうやって評価しているか - 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記

まさにこんな感じ> @Gustav13 平易に説明しているようで学問的なリファレンスが何一つ示されていない。いいテキストだと鵜呑みにした人は「利用可能性バイアス」を調べてみるのをすすめる。ついでに行動経済学も学んで

2016/11/22 08:04

b.hatena.ne.jp

 

 このブコメはてなスターが集まってたからです。でぼくはその記事がよい記事だとわりと鵜呑みにしていたのでこのブコメを見てなんかくやしかったので調べました。

 それにしてもなんなんですかこの上から目線のツイート(?)は。「~について学ぶべき」とかゆうウンコメントにはうんこ投げつけたくなります。学問をマウント取る道具として使うのはうんこだと思います。うんこってなんだよ。うんこはうんこだしあなるはあなるだよ。

 

 

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)

 

 

自分がどう感じたかを誠実に把握すること

日記 雑記

 今日は会社の先輩といっしょの時間にタイムカードを切りました。いつも遅くまで残っておられる方です。気のいいおじいちゃんでお酒とか得意らしいです。もうすぐ定年だそうです。まだ出会ったばかりですがとてもいい人です。ぼくにはわかります。別にぼくじゃなくてもわかります。これからというときに別れることになりそうで残念だなあという気持ちがあります。

 不思議な気持ちです。たぶん今別れることになったら残念だなあくらいの気持ちです。が同時に2~3年もいっしょに働いていれば、残念で仕方がなくて、別れるのがつらくて、いっそ出会わなければよかった、と感じるくらい残念だなあくらいの気持ちになりそうだという直感があります。この2つの感情の振れ幅に戸惑っている部分が少しだけあります。

 

 自分がそのように感じたことはまぎれもない事実です。自分がそう感じたと申告すると、他の人は、こいつはそのように感じたのだなあ、と判断するしかありません。なので自分はこう感じたのだと語ることは最強です。誰にも否定することはできないからです。

 しかし同時に危険もあります。自分が本当はどのように感じたのかを誠実に観察するのは難しいことです。それを言葉に変換して、文章にして残すことはもっと難しいです。言語化すると思考は固着します。自分の心を誠実に観察し、正直に、感じたままを書くことができなければ、それは自己欺瞞となって自分にはねかえってきます。自己欺瞞はあらゆる不幸の源泉のひとつです。

 そしてそのとき「なぜ」そのように感じたのかを知ることはもっともっと難しいです。自分というのは関数です。感情は出力です。その感情を引き起こした直接的な外的要因は入力です。入力のみを以って「『なぜ』そのように感じたのか」を説明することはできません。自分というわけのわからないブラックボックスを解体しなくてはなりません。それは途方もない作業です。