品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

断片

吐き出したものが何かを表現していることを期待する

ローカルに溜まったゴミのような文章が今年書いた分だけでもうん十万字ありますけけども公開はしていません。理由といたしましては、毎日同じようなことを書いているから、あまりにも生活に根ざしすぎているから、などがあります。公開することを目的として…

最初から生まれなければ悩むこともなかった

とりあえず死についてまず思い浮かぶのは、今死ぬのはもったいないということです。まだそこそこ若いので、何らかの向上に対する期待が捨てられません。また、両親への申し訳なさが頭をもたげてくるというのもあります。一方、苦しまず、自分が死ぬというこ…

かつて不安だった自分のことを忘れないようにする

会社に入ってばかりのころは何もわからないし何したらいいかわからないし会社の人こわいしでとても不安でした。ですがいちばん最初に僕に仕事を教えてくださった先輩はとても素朴な方ではありましたがいつもやさしくニコニコしている方でして、ぼくはその先…

好きなだけごろごろしていたい

気力が続くかどうかは別として、やりたいことやできるようになりたいことがいくつかあります。文章かけるようになりたい。楽しく小説書けるようになりたい。プログラミングにも没頭したい。時間を忘れてピアノを弾いていたい。積んでる本をたくさん読みたい…

GWはとてもたのしかったです

tokyoから帰ってきました。 それにしても暑いです。布団の上でパソコンいじってるのですが布団が冬仕様なので暑いです。もこもこしています。暑い。 最近はまったく文章を書いてなかったので出力の調子が悪いです。継続は大切ですね。くすぶっている感じがあ…

GWはTOKYOに帰ります

久しぶりのおやすみですので久しぶりに何か書こうと思います。今まではいろいろあって書けなかったのです。しかし間が空くとよくありませんね。文章がするする出てこないです。 継続というのは一種のフロー的な資産であるように思います。続けると福利のよう…

書くことについて書くのは心が書くということに支配されているから

今までこのブログはブログ編集画面に直書きしていたのですが、今回はわけあってローカル環境で書いてます。といってもevernoteです。なんかかっこいいエディタとかは使ってないです。vimで日本語のテキスト書くことってあるんですか。 vimだうんろーどしてき…

同じ人間とは言っても遺伝子はほんの少し違ってるはずなんだけど

俗にチンパンジーと人間の遺伝子との差は1%くらいと言われます。ところで同じ人間同士でも遺伝子は異なっているはずです。その差はチンパンジーとのそれに比べれば非常に小さいのでしょうが、確実に遺伝子の差は存在するわけです。遺伝子がどれくらい異なれ…

脆弱なプライドを隠すためにアホの皮を被っていると自覚していることを自覚した

ぼくのツイッターはアホですしこのブログもアホなんですけど、今ざっとツイッターを見返してみて、こいつめちゃくちゃプライドたけえなあと思いました。アホなツイートしかしてないはずなんですけど、そこはかとなく俺ほんとうはすげえから感が漂ってきてい…

お酒の飲み方がわからない 

スーパーでやすくてつよいお酒を買ってジュースで割って飲んでいます。ぐぐればおいしい飲み方とか出てくるんですけどめんどくさいのですごい適当に飲んでいます。お酒を飲むと目が充血してきます。目が熱くなって、水分量が増えている感じがします。 お酒を…

ずっと寝ている(たまに文章を書く)

『半分の月がのぼる空』というらのべを読みました。ぶっくおふで適当に見繕ったものです。なんかけっこう人気だったらしいです。2003年刊行となっていますがたしかにその辺の時代っぽい雰囲気を感じます。イリヤもそうでしたがあのへんのラノベはバイク大好…

一日があっという間に終わる

休みが終わってしまいます。ちなみに土曜日は仕事だったので3連休ではありませんでした。つらい。しかもこの2日間はほとんど寝てたので何もできてないです。仕事以外全部寝てるみたいになってます。つらい。 一日があっという間に終わってしまうという感覚…

ニート時代が思い出せない

休日になると寝まくります。昨日はほぼ一日中寝まくりました。いえ、一日中というほどでもないですか。土21:00に寝て日4:30に起き、6:30に再び寝て9:30に起き、14:00に寝て17:30に起き、月2:00に寝て8:30に起き今に至る、という感じです。土曜~日曜の睡眠時…

愚痴めっちゃ多い

このブログではできるだけ心のブレーキを取っ払って文章を書くようにしています。他のところ*1ではいろいろセーブしながら穏当なことを書いているのですが*2、こちらではあまりセーブせずに思ったままをだだっと書いています。それがこのブログの存在意義で…

自分のことばと他人のことばの境界線なんて本当は引くことはできないのだとは思うのだけれど、それでも

どこからどこまでが自分の考えたことであるのかがわかりません。自分が考えたと思っていることが、実は誰かの受け売りにすぎなかったりするかもしれません。作曲をしているときに、過去に聞いたことのある曲を、無意識のうちにコピーしてしまうように、過去…

誠実さにこだわる理由

なぜぼくが誠実さにこだわるのかというと、ぼくは誠実ではないからです。誠実でいられない自分が嫌だからです。しかし誠実であることはとても難しいし、誠実でありつづけることはもっと難しいです。それはとてもしんどいことです。ぼくはしんどいことは苦手…

それは卑怯だ

「自分のしていることはわかっている」というエクスキューズしてれば放言もゆるされると思ってたら大間違いですよ

人は一人では生きられない

人は一人では生きられないというのは、人には一人で生きる能力がないから一人では生きられない、ということではなく、人は生きているというただそれだけのことで不可避的に誰かの役に立ってしまうために一人では生きられない、ということです。能力的にでは…

「俺たちの一部に悪い奴がいるのはわかるが、その一部の悪い奴だけを見て『俺たちすべてが悪い』という話になるのはおかしい」

「俺たち」を批判する「彼ら」のうち、「俺たちすべてが悪い」という批判の仕方をしているのも、「彼ら」の一部だけだったりするんじゃないんですか。 ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる (文春文庫) 作者: マイケルルイス,Michael Lewis,東江一紀 出版社/…