読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

一日があっという間に終わる

休みが終わってしまいます。ちなみに土曜日は仕事だったので3連休ではありませんでした。つらい。しかもこの2日間はほとんど寝てたので何もできてないです。仕事以外全部寝てるみたいになってます。つらい。 一日があっという間に終わってしまうという感覚…

ニート時代が思い出せない

休日になると寝まくります。昨日はほぼ一日中寝まくりました。いえ、一日中というほどでもないですか。土21:00に寝て日4:30に起き、6:30に再び寝て9:30に起き、14:00に寝て17:30に起き、月2:00に寝て8:30に起き今に至る、という感じです。土曜~日曜の睡眠時…

地域の図書館のあれこれ

地元の図書館のニュースを見かけました。なんか寄贈本一万冊以上を何年も放置してたらしいです。前々からうちの市はゴミであるという話は聞いていたのですが初めてそのクソさがぼくにとってわかりやすい形で現れました。 公立図書館はその地域の知の集積場で…

愚痴めっちゃ多い

このブログではできるだけ心のブレーキを取っ払って文章を書くようにしています。他のところ*1ではいろいろセーブしながら穏当なことを書いているのですが*2、こちらではあまりセーブせずに思ったままをだだっと書いています。それがこのブログの存在意義で…

自分のことばと他人のことばの境界線なんて本当は引くことはできないのだとは思うのだけれど、それでも

どこからどこまでが自分の考えたことであるのかがわかりません。自分が考えたと思っていることが、実は誰かの受け売りにすぎなかったりするかもしれません。作曲をしているときに、過去に聞いたことのある曲を、無意識のうちにコピーしてしまうように、過去…

誠実さにこだわる理由

なぜぼくが誠実さにこだわるのかというと、ぼくは誠実ではないからです。誠実でいられない自分が嫌だからです。しかし誠実であることはとても難しいし、誠実でありつづけることはもっと難しいです。それはとてもしんどいことです。ぼくはしんどいことは苦手…

それは卑怯だ

「自分のしていることはわかっている」というエクスキューズしてれば放言もゆるされると思ってたら大間違いですよ

人は一人では生きられない

人は一人では生きられないというのは、人には一人で生きる能力がないから一人では生きられない、ということではなく、人は生きているというただそれだけのことで不可避的に誰かの役に立ってしまうために一人では生きられない、ということです。能力的にでは…

「俺たちの一部に悪い奴がいるのはわかるが、その一部の悪い奴だけを見て『俺たちすべてが悪い』という話になるのはおかしい」

「俺たち」を批判する「彼ら」のうち、「俺たちすべてが悪い」という批判の仕方をしているのも、「彼ら」の一部だけだったりするんじゃないんですか。 ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる (文春文庫) 作者: マイケルルイス,Michael Lewis,東江一紀 出版社/…