読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

誠実さにこだわる理由

断片

 なぜぼくが誠実さにこだわるのかというと、ぼくは誠実ではないからです。誠実でいられない自分が嫌だからです。しかし誠実であることはとても難しいし、誠実でありつづけることはもっと難しいです。それはとてもしんどいことです。ぼくはしんどいことは苦手なので誠実であることは苦手です。ですが誠実でなければ自分をスポイルしてしまうという直感があります。もう自分のことなんてどうでもいいやという気分もあるにはあるのですが、それでももうちょっとがんばりたい、という気分もあります。誠実であろうとした美しい人々に感化されているだけなのかもしれません。しかしそのようにありたいと一瞬でも願った自分が存在したことも事実です。