読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

どきどきが止まらない

 仕事中いつもどきどきしています。不安感がすごいです。心を落ち着けて不安感の正体を探ろうとすると、えらい漠然とした感覚しかつかめません。感情の正体をありのままに感じ取ろうとすると、本当にありのままにしか感じることができなくて、感情とはラベルなんだなあと思いました。

 

 仕事をしてると嫌でも業務スキルが身につきます。今のぼくは仕事を生活のためお金のためと割り切って選んだので、仕事で身についたスキルは基本的に仕事でしか役に立ちません。どうせ仕事をしなくちゃいけないなら、僕の身に付けたいスキルを身につけられる仕事をしたいという気分があります。もちろん本当は仕事なんてしたくないです。ずっと寝転がって、好きなときに好きなことをする生活がしたいです。でもそれは今のところできないので、正確に言うと今からそんなことをするとわりとすぐに詰んでしまうので、仕事から得られるものをより大きくしたいと考えているわけです。具体的にはプログラマになりたいです。これ前にも書いたな。

 おんなじことを何度もぐるぐる考えているだけでは先に進めません。しかし先に進もうという気があんまりないのでけっきょくぐるぐると考えているだけです。やる気ない。やる気がある状態の人はやる気がない状態の人のことがわからないので前者は後者に何かを言う資格はありません。資格があるとしたら後者を経て前者となった人だけです。だるい。