読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品性の欠片もない

自分の説明は自分にだけすればよいです

同じ人間とは言っても遺伝子はほんの少し違ってるはずなんだけど

 俗にチンパンジーと人間の遺伝子との差は1%くらいと言われます。ところで同じ人間同士でも遺伝子は異なっているはずです。その差はチンパンジーとのそれに比べれば非常に小さいのでしょうが、確実に遺伝子の差は存在するわけです。遺伝子がどれくらい異なれば同じヒトという種族として認定され、どれくらい異なればヒトという種族として認定されないのか、みたいなことを考えます。いやちょっと違いますね。同じ人間とは言いますが、遺伝子が異なる以上はまったく同じ生き物であるとは言えないわけで、じゃあどこからが人間でどこからが人間じゃないかという線引はどうやってするんだろう、という疑問があります。うーん、これもなんか違う。上手く言えない。だめだ。これだとちょっと違う意味になってしまいます。同種族における個体間の遺伝子の差についての疑問なんですけど。またまとまったら書くかもしれません。忘れてたら書きません。思いつかないことを書くことはふつうできないです。